Tutorial 正丁の呟き

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

猫も杓子も

2014-10-23 Thu 10:10

青色発光ダイオードの発明・開発・量産化により、
LEDは飛躍的に進化し、あらゆる所に利用されている。
驚くほどの省エネルギーとしてもてはやされているが、
それでもエネルギー効率が40~50%だという。

近年、自動車の照明に広くLEDが使われている。
特に、ストップランプに、LEDランプを円形や帯状に
多数並べているものをよく見かける。…しかし、
元来、LEDの明るさは、直線的であって、
ご存知のように、目に刺さるような光を発するのです。
後続車に対して、それほどの「警告」が必要か?
と思われるほどに、刺激的な光を向けているのが多い。
せめて、光軸を下向きにしても良いだろうに…ねぇ。

高価ながら、明るさと寿命で圧倒したディスチャージ
ヘッドランプ(HIDランプ)も、今はソフトな光に思えてくる。
(簡単に言えば、電極間の放電「=雷」を利用したもので、
フィラメントを白熱させた従来の電球とは異なっている。
蛍光灯も水銀灯も、同じ放電を利用してるんだわねぇ。)

旧式の白熱電球、ハロゲン電球の柔らかな光に出あうと
ほっと安心できるのは、一部のレトロ愛好家なのだろうか。

どんなにエネルギー効率の良さを訴えられても、
残念ながら、今のLEDランプ装着車を買う気が起こらない。
LEDランプが、もうちっと品のよい、エレガントな光を
演出する日が来るのを、じっと待ち望んでいるのです。

えっ? どこが猫も杓子も、だよぉって…突っ込むねぇ。
どこもかしこもLED、LEDでさ、(そりゃ便利な面もあるけど)
兄弟の中の「優等生」だけをほめちぎる母親みたいだもの。
LEDなのに、少々「加熱」ぎみぢゃあないのかぃ、
―と言いたいわけよ。

別窓 | つぶやき | ∧top | under∨
<<達成感を求めて | ぶんぶんブローグ | あと1本で…>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
-->
| ぶんぶんブローグ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。