Tutorial 正丁の呟き

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

「安らぎ」の背景

2014-10-07 Tue 08:56

先日、「安らぎ」という詩を認(したた)めたが、
その詩の背景を公開してみることにした。
(少々興ざめか…まあ気にしちゃいないが)

1人の女性(外国人)を思い描いていた。
仕事に、子育てに、日々たくましく生きている。
彼女の陽気さの裏側に、どんな苦労があるのか。
きっと人には見せない、か弱さを秘めているはず、
…とすれば、何にすがるのだろうか、と思い巡らした。

気丈な女性ならば、異性に求めるというより、
宗教とりわけ、神にすがるのではないか。
神に救いを求め、安らぎを得ることで、
自分を支えるのではないか、と。

― こうした発想をもとに試作を始めたものだが、
熟慮を重ねて仕上げたものではない。ところが、
不思議なもので、想いの一端を言葉にしてみると、
考えがどんどん膨らんでいくのである。

これは、女性に限らず、男性にも、いや誰であっても
皆こころに弱さを抱えて生きているではないか―。

詩は、読み手によって様々に解釈される。
共感もあれば、誤解もある。それで良いと思う。

日記のように心模様を書き留める詩、
比喩や倒置など、表現技巧を凝らした詩、
記憶の断片を意味ありげにつなげた詩などなど
創作する詩にはいろいろあって良いと思う。

詩作に限らず、わたしたち一人一人の生き方も
また自由であって良いのではないか。
たとえ、それが誤解や非難を生んだとしても、
自信をもって前向きに生きるべきではないか。

(話ふくらまし過ぎだろう!―というわけで、終了)

別窓 | 詩作 | ∧top | under∨
<<あと1本で… | ぶんぶんブローグ | 安らぎ>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
-->
| ぶんぶんブローグ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。