Tutorial 正丁の呟き

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

隠された本質

2014-04-07 Mon 10:10

うれしい思い出、腹の立った思い出、
つらい思い出、楽しい思い出―。

日々の生活とともに、
様々な思い出が累々と堆積していく。

うれしい思い出や楽しい思い出は、
他のものに比べて、増幅されて記憶されて
いるものだと思っていたら、そうでもない。

それは人によって違うのだろうけれど、
私の場合は、――
つらい思い出や悲しい思い出が
澱(おり)のように心の襞(ひだ)に
張付いていて、ことあるごとに
自分の未熟さや愚かさを思い出させてくれる。

(自分は楽観的な人間だと思っているのだが…)
(いやいや、楽観的でなければ、忘れがたい
苦く苦しい思い出につぶされているんだろうな)

思い出の総量やその種類、蓄積の仕方で、
その人の本質をあぶりだせるのではないか、と思う。

比較したことはないし、自慢にもならないが、
思い出の量は、かなり乏しいだろうなぁ、
と自覚している。

(…ボケてませんから)

別窓 | つぶやき | ∧top | under∨
<<重みを失ったことば | ぶんぶんブローグ | ミルクコーヒー>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
-->
| ぶんぶんブローグ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。