Tutorial 正丁の呟き

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

無言館

2017-06-17 Sat 23:55

6月21日終了する「戦没画学生慰霊美術館-無言館」の
絵画鑑賞に釧路の芸術館へ出向いた。毎日帰宅時に
その裏道を車で通りすぎるのみ、館正面の姿を見るのは、
釧路に戻って5年目になるというのに、初めてであった。

無言館開館20周年ということで、135点もの作品が釧路で
見られるのは二度とないことだろう。来館者は開催2ケ月で
ようやく…5,000名に達したとのこと。とても残念でならない。

ほぼ10年前に、私は実際に信州の上田にある無言館を
訪問したことがある。小諸の田園風景を見下ろす小高い
丘の上に、コンクリート打ちっぱなしの無言館はある。

緊張感漂う静寂な館内に、日本画・西洋画・彫刻のほか、
遺品の手帳や画材、細かい文字がびっしり敷き詰められた
絵はがきなど、当時を忍ばせるものが整然と並んでいた。
殆どが20代の若き画学生である。彼らの生前の様子が、
家族や親友・伴侶の記憶として添え書きが残されていた。

知人の年輩夫婦との信州小旅行であちこち名所を回る都合
無言館での時間はあっという間に過ぎ去り、心残りであった。
それがこうして再会できるとは、嬉しいこと限りなしである。

気温16度。港からの心地よい風に吹かれての一日であった。

別窓 | つぶやき | ∧top | under∨
-->
| ぶんぶんブローグ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。