Tutorial 正丁の呟き

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

模擬試験にて

2017-01-11 Wed 23:55

模擬試験ではその意義を塾生に説明する。
とかく塾生は合否判定に一喜一憂する。
試験は通過点であり、自己ベストに挑む
チャンスでもある。無駄にはできない。

「一歩先をみて、今日を懸命に」

今や先の見通せない難しい世の中である。
しかし、明日や今週程度の見通しはきく。
その見通しをもって、今日の充実を図る。
自分の夢や将来像は、希望や予測を根底にし、
日々の累積と修正の相互作用により築かれる。
努力を重ねる面白みに気づいて欲しいと願う。

最も格好の良い合格の仕方は何か―と。

少ない努力で楽して合格することではない、
多くの努力を重ね、万全を期して準備し、
自己最高成績で合格を手にすることである。

模擬試験の教科間のわずかな時間の中で
こうした話をあれやこれや塾生に伝える。
そうして開始時間をむかえて―「始めっ!」
塾生がきょとんとしている。(ん…?)
話しに熱が入り、問題を配っていないではないか!
―なんてことも時折ある。模試は楽し。

別窓 | つぶやき | ∧top | under∨
-->
| ぶんぶんブローグ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。