Tutorial 正丁の呟き

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

身のよりどころ

2016-04-23 Sat 23:55

「持っている」だけで心が安らぐ「もの」は何か。
想像してみるに、それは一般的に「高価なもの」と
思われがちだが、決してそうではないことがわかる。

数々の宝飾品や貴金属、高級車、自慢のマイホーム…
思い出のアルバム、記念品やプレゼント、日記や手帳…
…と思いめぐらしてみると、どれもいま一つと気づくだろう。
本当に価値のあるものは、値がつかないということに_。

自分自身と向き合う時間、労苦を分かち合える家族や友人、
健全健康な生活、支える信念や信仰、将来の夢や希望。


一言でいえば、自分の拠り所となるもの、である。
残念なことに、私たちは日常生活で実感できないでいる。

大災害や事件・事故に遭われた被災者や被害者の方々で
なければ実感できない、とは何とも悲しいではないか。
多くを失って初めて気づかされるとは、悲しいではないか。

ものに埋め尽くされた感のある自分の周りを眺めては
「ものの価値」に頭悩まし、生きる難しさを感じる日々。
自分がしっかりしなくては、と考えるとき蘇る言葉がある。

己こそ己の寄るべ
己を置きて誰に寄るべぞ。
よく整えし己こそ、まこと得難き寄るべなり。
自ら悪をなさば、自ら汚れ
自ら悪をなさざれば、自らが清し。
清きも清からざるも自らのことなり。
他のものに寄りて清むることを得ず。

法句経より

別窓 | つぶやき | ∧top | under∨
-->
| ぶんぶんブローグ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。