Tutorial 正丁の呟き

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

八方美人

2014-12-27 Sat 20:20

この人にも、あの人にも公平に接しよう!
とする心構えは、褒められるべき…のはず。

しかし、全く立場の異なる2者に対して、
何かを、公平に行おうとすることは、詰まるところ、
どちらのためにもなっていないのではないか、と。

自分はうまく立ち回ったつもりで、誇らしげであっても
結局、誰にとっても、不満足感が残ってはいないか。

民主主義を、正義の御旗のごとく振りかざす人の
「多くの人々の意見を集約し、少数意見も尊重し…」
という言葉に期待していると、仕上がったものは、
「何だぁそれ?」 と落胆させられるものが多くある。
民主的なものに、どこか八方美人のような危さと、
決定力を欠く優柔不断な弱さを垣間見る思いがする。

多数の力を結集することは、壮大な成果を生み、
また、一人の力には限界があることは承知の上で、
それでも切実に誰かの役に立ちたい、とするならば、
はたらきかける対象を狭めることも肝要なのだろう。

優れたもの、意味深きことに賞賛を送るだけでなく、
欠点の多いもの、軽視されてきたことの中にも
価値を見出す―そうした姿勢を持ち続けたい、と思う。

(まとまりのつかない、そんな年末を迎えています。)

スポンサーサイト

別窓 | つぶやき | ∧top | under∨
-->
| ぶんぶんブローグ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。