Tutorial 正丁の呟き

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

ミルクコーヒー

2014-03-29 Sat 07:00

朝はパンと決めている。

旅先などで、朝に和食が供されることが多い。
新鮮な卵は許せるが、納豆はいかんでしょ!
さあ、今日も頑張るか、という晴れやかな気持ちが
納豆特有の香りとねばりで削がれてしまうもの。
隣席で、納豆の小鉢をひたすらかき混ぜている
ご婦人などを見かけると、本当にゲンナリします。

こだわりは様々ある。

ミルクコーヒーもその一つ。
ミルクに、インスタントコーヒーを入れ、
かき混ぜずに、そのまま電子レンジに!
これで、少し苦みのあるミルクコーヒーの
一丁出来上がりです。お試しあれ。
(かき混ぜてからレンジで温めると、
何の変哲もないミルクコーヒーになる)

ミルクは、○○農場の特濃牛乳で、
コーヒーは、△△産の豆を浅煎りしたもの…
といったこだわりを得意げに語る人の話は、
よく耳にするが、私の場合は、

あくまでも、どこででも手軽に入手できるもので、
シンプルであることが、私のこだわりである。

スポンサーサイト

別窓 | こだわり | ∧top | under∨

生きること

2014-03-19 Wed 00:00

照れくさくて、正直になれない
素直になれるほど、無邪気じゃない
言葉にしても、心の声を代弁してはいない
自分にだって、自分のことさえわからない
でも、嫌なものは嫌だとはっきりわかる

人は楽しいことを求めたがるけど
長く続かないことくらいわかっているさ
楽しさで有頂天になったあとの後始末
どこかでほっとしているよ
ああ、終わったんだなって

真実を追うほど、もう若くない
理想を語るほど、世間知らずじゃない
事実はもっと冷ややかで、静かなものさ
事実は君の背後に付いて離れないものさ

もう覚悟を決めるんだね
現実に向き合うことに
自分をさらけだすことに
そして、君をうけいれるためにも



(自分の気持ちに忠実ではないけれど、
眠っている暗い部分なのかもしれない。
―――光より陰に魅かれる吾輩である。
―――愛読書は「陰翳礼讃」ですから。)

別窓 | 随想 | ∧top | under∨

1年経って。

2014-03-11 Tue 01:01

時の移りゆく体感速度は、様々である。

数分がとても長く、1時間が瞬く間に
思えることは、誰もが体験済みである。

1年365日前のこととなれば、
長さの感覚だけでなく、記憶それ自体も
かなり断片的にしか残されていないのである。

釧路に戻り、この1年。
多くの人々との出会いがあり、
彼らに影響を与え、また与えられて
今日に至っている。

幸いなことに、ほとんど全ての出会いが
新鮮であり、興味深いものばかりである。

出会いを楽しみに感じることが、またさらなる
楽しい出会いにつながっている、とさえ思える。
(楽天的といわれれば、身もふたもないが…)

とにかく、春採を拠点にした活動が1年経ち、
また新たな気持ちで、この1年を迎えている。
(頑張りマッスル!)
(…ふ、古ぅ…それ誰も知らないから)

別窓 | つぶやき | ∧top | under∨
-->
| ぶんぶんブローグ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。