Tutorial 正丁の呟き

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

ワルツ

2013-11-19 Tue 11:19

音楽の話ではない。3の話である。

語学の勉強で、文のイメージができない子に
このワルツの話を持ち出すことがある。

国語ならば、特別なことは何もない。
①何がなんだ。②何がどんなだ。③何がどうする。
この3パターンのどれを使うか考える、と。

感想文や意見文などみていると、
一文が長いために、文のねじれを多く発見する。
明治大正の文豪は、一文が短い。切れ味が良い。
表現するものが見えているなぁ、と感心させられる。
現代文は一文が長めで、表現が複雑なのが多い。
センター試験の国語は、それを好んで用いる。

自分の考えを、短く簡潔明瞭に表現するためには
先の、単純な文構造3パターンから始めるのが良い。

英語は5文型あるぞ!どうする!

英語の文は2つある。
be動詞と一般動詞の文である。
しかし、それとて
①これは+である+何
②これは+である+どんなようす
③これは+どうする+何を
これを区別できて、第4、5文型に手を伸ばすがよい。

中でも、第3文型が基本だと教えたい。
英作文は、基本、第3文型で書き、
定義や感想は第1・2文型で書くものだ。
第4、5文型を使いたければ、ご自由に。

その根幹をなす、第3文型がワルツなんだなぁ。

3本脚の椅子は誰が作っても、座れる。
(面を決定するのは、3点だからね)
4本脚の難しいこと。どうもガタつくんだよ。

3丁目の夕日じゃないけれど、
3番・3丁目・3条・3号線などは、
その土地の中心地になっていることが多い。

生活の中に「3」が深くかかわっていて、
大事な役割を演じていることに気づいて欲しいなぁ。

そして、
生活のリズムも、「ズン、チャッ、チャァ」と
優雅であるのが良いんじゃないのかぃ?
――― 僕ぁ、そう思うよ。


スポンサーサイト

別窓 | つぶやき | ∧top | under∨

自分の評価

2013-11-03 Sun 03:03

他人からの評価が気になる、と言いますが、
実は自分が自分を評価するのです。

MP900431794.jpg

自暴自棄になった人には、他人の眼は気になりません。

むしろ、驚き蔑(さげす)む周りの人々の眼が、
投げやりな気分を却って増幅させる場合も多いそうです。

そうした特殊な例を除けば、大抵の人は周りの人たちから
よく思われる自分になりたい、と密かに願っているのです。
願うからこそ、他人の眼・他人の評価が気になるわけです。

つまり、問題は他人ではなく、自分自身にあるのです。

どういう自分になりたいかが、はっきり見えていると
良いのです。自分と向き合い、望ましいと思える自分像を
持っている人は、どのような環境・状況に置かれても、
考えに迷いが生じません。
あるべき自分と、今ある自分との差異を埋めるために
どうすればよいかを常に模索するからです。
(先人たちの偉業を知り、また様々な伝記や歴史書を
 読むことは、人格形成に深く関わっているのだろうね)

今、何が流行っているか?トレンドは?…と
自分のことを深く考えもせず、ネットで常に
自分探しをしている人たちへ、尋ねてみたいものです。
すでに君たちは、自分を見失っていませんか?…と。



やはり、渋沢栄一のことばは重いです。
渋沢栄一
夢なき者は理想なし
理想なき者は信念なし
信念なき者は計画なし
計画なき者は実行なし
実行なき者は成果なし
成果なき者は幸福なし
ゆえに幸福を求むる者は夢なかるべからず。
一人ひとりに天の使命があり、
その天命を楽しんで生きることが、
処世上の第一要件である。


埼玉県深谷市の渋沢栄一ミュージアム
必見!渋沢栄一のすべてがわかります。
これぞ日本を代表する偉人の一人です。
これは、もう行くしかないですって。

別窓 | 教訓・忠言 | ∧top | under∨
-->
| ぶんぶんブローグ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。