Tutorial 正丁の呟き

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

何かが違う

2013-08-30 Fri 23:59

いつも何かが違うと思っていた。
どこか歯車がかみ合っていないような、
違和感を常に味わっていた。

直したいことは次々と浮かんでくるのに、
何一つ片づかない苛立ちに取り囲まれていた。
それでも、きっといつかはうまくいく、
という当てのない期待にすがって生きてきた。
追い詰められた、ぎりぎりの気持ちに
心が荒んでいく。言葉を失っていく。

1green.jpg
今にして思えば、
もっと早く気づくべきだった―。

一瞬にして、まるで魔法のように、
この私は変らないことを。
現実の一断片から、一つ一つ少しずつ
変えていくことしかないことを。
それは、大きく豊かな森を夢みて、
小さな苗木を一つずつ植えることなのだと。

1red.jpgそれなのに…、
小さな希望を育む努力を惜しみ、
都合のいい夢だけを膨らませていた。

今からでも遅くはない。
気づいたときから、私は確かに
変ろうとしているのだから。

1blue.jpg今日、一つの苗を手に取り、植えて、
水を与えよう。それは…自分が変わる
小さな一歩かもしれないが。

スポンサーサイト

別窓 | つぶやき | ∧top | under∨
-->
| ぶんぶんブローグ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。