Tutorial 正丁の呟き

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

FM釧路に生出演

2013-06-20 Thu 22:00

本日6月20日、12:10~12:30の時間帯で、
FM釧路の「まいどカンパニー」という
ラジオ番組に生出演してきました。

0620まいどカンパニー@FM釧路
美原校=藤井塾長(写真左)
BH校=月見塾長(写真右)
そして、
春採校塾長=私という、
トリオ出演でした。

個別指導塾ぐんぐんのPRということで、
念入りな打合せ通り、パーソナリティ:さとう晴美さんの
軽快でテンポ良い語りにより、20分が矢のように過ぎて
しまいました。放送前に、晴美さんから、
「何かリクエスト曲ありますか?」の問いに、すかさず、
「さだまさし『案山子』を、お願いします」とキッパリ!

番組中、「なぜ、この曲を?」と予想にない問いかけにも
ひるむことなく、対応することができました。やれやれ。

FM釧路が、春採コーチャンフォー2Fにあることを
今回初めて知り、内部を具(つぶさ)に観察しました。

会議室に通されたとき、
壁全面がコンクリート打ちっぱなし!
……と思いきや、打ちっぱなし風の
プリント壁紙だったことが妙に印象的でした。

スポンサーサイト

別窓 | お知らせ | ∧top | under∨

いったい誰のため

2013-06-15 Sat 15:00

冠婚葬祭、慶弔に当たって、人々を一様に悩ますのが
「おいくら包めば失礼にあたらないか」であろう。

ご丁寧にも、年齢別や地域別、親密度などにより
細かく金額(平均)を明記しているサイトすらある。

御礼に対するお返しも、時と場合によって、また地域に
よって異なり、半返し、同額返し、倍返し…など様々。



仏教では、金銭や物を人に与えることを「布施」という。
『仮名法語』至道無難(1603-1676)によれば、

ある人仏事に布施のしやうをとふ。
予いはく、終(つい)に三銭のふせをうくる坊主なし。
かれとふ、三銭のふせとはいかやうな事ぞ。
予いはく、
天下に誰か三銭をしむ人あらんや、
たとへば千貫万貫のふせも、三銭の出す心にてせよ
といふ小事なり。
…(中略)…

又請(う)くる坊主万貫のふせも、
三銭のごとくにおもはざれば、
直(ただち)に其吊(つり)あやまる。
後世(ごせ)は、ちくしやうとなる事
疑(うたがひ)なし。




小金(三銭)も、大金(千貫万貫)も、同様に
扱うことができて初めて、互いに清浄の心を
保てるのである。 しかし、こうした説教が
伝えられているということは、金銭や物品の
授受により、関わった人々の心や行為が自ずと
縛られることの愚かさを戒めているに違いない。

私は、あえて世の中の悪しき慣習に同調せずに、
自分の気持ちを最優先に考えて決めている。
祝いたいときには、気に入った品を念入りに選び贈り、
お祝いを頂戴した時は、丁重に礼を述べ素直に納める
ことにしてきた。

お返しの適不適に、私は与(くみ)する気がない。
それが失礼と言われるなら、その方との交際を
断絶するのがよほど心地よい、と思っている。

ところで、「子供の日、母の日、父の日、敬老の日」
のような共通のくくりにされた、いわゆる「○○の日」を、
どうして皆揃って祝う気持ちになれるのか? 私には
とうてい理解できない。個人にとって特別な日である
「結婚記念日」や「誕生日」ならば理解できるが…。

――― 以上、偏屈な正丁のつぶやきでした。

別窓 | つぶやき | ∧top | under∨

美学にもいろいろありますが…

2013-06-05 Wed 18:00

私ごとですが、住まいを引越しまして、
賃借契約はもちろん、あれやこれやと、
生活に必要なものを揃えなければなりません。

湯水のように、お金を使えるなら問題はない
のですが、限られた予算の中で、より良いものを
揃えることは難しいことです。そして、そこに
性格なり、人生観なりが、顕著に表れますね。

MP900423118.jpg私の場合は、じっくり調べることに、
決して時間を惜しみません。なぜなら、
調べを進めるうちに、必要としている
ものの相場(金額や品質など)や
自分にとっての重要度が徐々に
明らかになるからです。

希望と現実の間にあったギャップを
埋める作業、つまり折り合いをつけることは、
時にダイナミックな発想の転換が必要であり、
面白くて、決して苦にはならない作業です。
そうして、イメージが固まった時は、“即決”です。

対面売買の場合は、もちろん値切ります。しかし、
その値切り額や条件もあらかじめ想定しておきます。
言い値の何%ぐらいは厚かましくないかな?程度ですが、
必ず「一声」かけて最後の交渉を挑みます。その結果、

最終的に決めたものに文句を言わない。

―― それが、私の実践する「美学」です。

別窓 | つぶやき | ∧top | under∨
-->
| ぶんぶんブローグ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。