Tutorial 正丁の呟き

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

学ぶことを学ぶ

2013-05-01 Wed 00:00

個人的には、生徒という言葉が好きではない。
私は学生もしくは塾生と呼ぶことにしている。

そんな言葉遣いに神経質にならなくても…と多くの方は
思われるだろう。 もちろん、人に強制するつもりはない。

でも、そう言われると、気になるぢゃあないかぁ
―――でしょう? 調べてみましたよぉ。

学生=大学生/ 生徒=中学・高校生/ 児童=小学生

なんです、と。 知らなかった。でも…
学割って、学生割引の省略だよねぇ…って思うのは私だけ?


閑話休題。



学生時代には、いったい何を学ぶべきなのか、と考えてみた。

「学ぶことを学ぶ」

の一言に尽きるのではないか、と思う。

つまり、ある問題の答えを探っているとき、j0402266.jpg
①解答を(チラリと/じっくり)みる
②自分の力で(少し/じっくり)考える
③人(親/友人/先生)から教えてもらう
④納得のいくまで(深く/広く)調べる
⑤別のことをはじめる/あきらめる

まあ、⑤は除外するとして、
問題の答えにどのように接近するのか、という
アプローチの仕方を、あれやこれや試しながら
自分の思考スタイルを確立していく作業、

その過程こそが、学びの本質だと思っている。

問題を提供されたとき、考えることもそこそこに
すぐに答えを知りたがる生徒が多い。
彼らは何を学ぶのか? 学びに楽しみを見つけるだろうか…



この学びの本質は、学業成績にはなかなか反映されない。

だから、あるとき、一躍脚光を浴びるようになった人が、
「学生時代、目立たない人だったけどなぁ…」 と、かつての
友人たちから、意外な驚きをもって語られるのは、
けっして珍しくないのである。

スポンサーサイト

別窓 | 言葉の定義 | ∧top | under∨

ブログの名称を変更します

2013-04-04 Thu 00:00

「個別指導塾ぐんぐん」の公式ブログが
「ぐんぐんブログ」ですので、名称が
かぶっていて紛らわしかったかも…。(今頃?)

そこで、気分一新して、
名称を「ぶんぶんブローグ」に変更します!
語呂もいいし、愛らしい響きだし…さ。
以後、宜しくお願い致します。

「ぶんぶんブログ」は検索すると、
いくつもヒットしてしまう…、
ちょっと癪(しゃく)だから、
ひとひねり、ブローグとしました。

blogue

ちなみに、英辞郎(アルクのサイト)によれば、

ブローグ brogue
【穴飾りのついた靴。もともと、アイルランドや
スコットランドで使われた粗末な靴で、水はけを
よくするために、穴があけられたとされる。】

とありました。…まっいっか。

別窓 | 言葉の定義 | ∧top | under∨

題字の意味するところ

2013-02-25 Mon 00:00

■ぐんぐん=北海道釧路市内にある個別指導塾名
<春採校(春採3丁目9番15号)で活動開始予定>

■tutorial=(英語)個別指導、個人指導

■正丁=せいてい。(以下、小学館『言泉』より引用)
律令制で、21歳以上60歳以下の健康な成年男子の称。
調・庸・雑徭・兵役などの課役の対象となった。

別窓 | 言葉の定義 | ∧top | under∨
-->
| ぶんぶんブローグ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。